読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満員電車には貧乏人とブスしかいない

当然だよね。


今どき、満員電車で通勤しなきゃいけない奴なんて、古い体質の会社に安月給で飼われている貧乏人しかいない。フリーになる能力もないし、そもそも自分の生活習慣すら変えられないんだからもう、死ぬまで貧乏だし、一生ずっと満員電車の乗客だよね。先の無い会社を延命させる搾取要員として、線路独占資本に金を落としながら運ばれてく人生しかない。


そんな貧乏人が、車内で喧嘩を始めたり相手を刺したりすることもあるわけだから、もう涙が出るほど救いが無い。奴隷同士で殺し合ってんじゃねえよ。古代ローマかよ。


でも、喧嘩よりも最悪なのはチカンだね。貧乏人のチカン。悲しすぎるだろ。


だって、満員電車にはブスしかいないんだよ? まともな会社に入れてもらえなかったブス。意志と理想を無くした貧乏人にしか相手にされないブス。まともな男なら、自分の女や自分の娘を、貧乏人がひしめきあってる満員電車に乗せたりしない。労働なんてさせずに大切に養うだろうし、女がどうしても働きたいっていうなら、会社の近くにマンションを用意してやるくらいのことは絶対にする。そういうまともな男が相手にしない女は、貧乏人と同じ扱いでいいやと思われる程度のブスなんだよ。


それでもなぜかチカンはいるから、いちおう女性専用車両とかあるけど、電車がちょっと遅れたら、無しになったりするよね。ブスでもチカンから守ります的な体裁をとりつくろうより、搾取奴隷を粛々と運搬するほうが重要なんだよ、社会にとっては。それが、まともな男の決めた方針なんだろうね。


もっと言えば、満員電車は陰謀だよね。貧乏人をブスに慣れさせて、少子化を止めるための陰謀。満員電車のキャリアが長い貧乏人とか、もう、美人かブスかの基準が、だいぶおかしくなってるでしょ。だからこそ、チカンもできるし、結婚もできるんだよ。ブスと貧乏人をつがいにして繁殖させるための畜舎。それが満員電車。

広告を非表示にする