読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専門家の滅びかたについて

表です。

専門家が口で言ってること 心の声 専門家って
黄金の時代 マクルーハンって知ってる? 役に立ちそうなら、いい感じにサマってお届けするよ すごい、便利
鉄の時代 マクルーハンって知ってる? どう答えても、知識の差を利用して、いたぶってやるよ 陰険
泥の時代 マクルーハンって知ってる? 知らなかったら、仲間内で笑い者にしてやる 陰湿
そびえたつクソの時代 マクルーハンって知ってる? 俺、おしっこ漏れそうなんだけど、知ってる? バカ、キチガイ


なんの表だよこれは、という話です。

マクルーハンとは?



このエントリに出てくるマクルーハンです。


つか、べつにマクルーハンじゃなくてもいいです。


なんかすっげー込められてる感じの人名とか専門用語なら、なんでもいいです。

心の声とは?

専門家の言ってることを聞いてる側の素人が聞いてることです。


専門家が言ってることは変わらなくても、
素人が聞いてしまう心の声は、時代によって変化します。ここが重要です。

時代とは?

文明社会の大人は、誰もが何かの専門家・業界人としてメシを食っているわけですが、
専門や業界は、社会の中で、常に同じポジションを占めているわけではありません。


専門家たちは、変わらずモリモリやっているのかもしれませんが、
まわりの環境は、変わっていきます。


今、雨乞いの専門家は、とても厳しい。


流れていくのが時代です。

黄金の時代とは?

いい時代です。


理想の時代ですね。

鉄の時代とは?

専門家が意地悪をする時代です。


あるいは、
「専門家に意地悪をされるんじゃないか」という不信感を、素人が感じるようになった時代です。


江戸時代、町奉行になった素人は、
専門家である奉行所役人の機嫌をそこねると、意地悪をされました。


専門家は、素人が何を知っていて何を知らないのかを、知っています。
その知識を利用して、
情報を与えたり与えなかったりの調節で、意地悪をします。


田舎者の大名は、伝統の儀式にくわしい専門家の大名に、意地悪をされました。
それが元で、抗争事件も起きました。忠臣蔵です。


現代の役所にもまだ、意地悪はあるのかもしれません。

泥の時代とは?

専門家が、たいした意地悪もできなくなってしまった時代です。


「陰険」から、危険の「険」が消えて、ただの「陰湿」になります。

そびえたつクソの時代とは?

「知らねーよ」「知ったことかよ」の一言で、
素人が専門家を葬り去れる時代です。


クソのバベルは、崩れて消えます。


Wikipedia人工知能だけが残ります。

なぜ、話がここで終わらないのか?

ブログは、そこから始まるからです。


失われた古代魔法の探求者、つまりブロガーの時代が始まるのです。

関連記事

書いていく気持ちはある。

  • 「当事者の痛み」について
    • 誰もが自分の尿意の専門家的な
  • 常識コレクションについて
    • ブロガーは常識が好き
広告を非表示にする